理事長紹介
  • 1
    第46代理事長
    村野 太郎 (ムラノ タロウ)
    1975年3月5日生  A型

    2015年度 スローガン

    「 一 致 団 結 」


     公益社団法人むさし府中青年会議所は個人の修練、社会への奉仕、世界との友情を信条とし、地域社会の健全な発展及び社会に貢献する人材の育成、併せて国際青年会議所及び日本青年会議所との協調により、日本の発展、世界の平和と繁栄に貢献することを目的とし、20歳から40歳の青年が様々な活動を行っています。しかしながら、そこで活動している青年たちは上記の目的を達成するために入会したわけではありません。自己のスキルアップを求めて入会した人、自分の生まれ育ったまちのために役に立ちたいと思い入会した人、人脈を広げたいと考え入会した人など、入会する目的は個々それぞれ違います。
     「会の目的」と「会員の目的」が異なることについて、問題があるように思えますが、私はこれでよいと考えています。青年会議所では、会の目的を達成するために様々な目的を持った青年が集まり活動を行っています。「個人の修練」を目的に入会した青年は修練を積むための様々な活動を通じて社会への奉仕を行い、関わった仲間との友情を育みます。「社会への奉仕」を目的に入会した青年は、その活動をする中で様々なスキルを身に付け、さらに多くの仲間ができます。「世界との友情」を目的に入会した青年も同様に、その他の信条を経験できます。「それぞれの企業や地域社会のリーダーとして様々な経験を得ること」これが青年会議所活動の醍醐味と考えます。
     一方、この異なる目的を持つ青年たちがひとつの目的を達成するために一丸となったとき、それはとても大きな力になります。個人では実現困難な大きな事業も、協力し合うことで成功させる事が可能になります。その結果として得られる経験や大きな達成感は、青年会議所活動の魅力のひとつといえるのではないでしょうか。
     2015年度は「一致団結」をスローガンとし、私たちの住むまち府中が「明るい豊かなまち」であり続けるために一致団結して活動いたします。また修練、奉仕、友情の三信条のもと、様々な活動を行っていく中で、まちの一員である私たち自身の資質を高め、その結果、明るい豊かなまちづくりに貢献していくことが出来るものと思います。

    <基本方針>

    1.個人の修練
       (1)会員の資質向上に関する事業
          青年会議所の会員は20歳から40歳の青年です。正に次世代を担うリーダーとして
    活躍が期待されている年代です。青年会議所は明るい豊かなまちづくりを行う一方で
    会員の資質を向上させる役割を担っています。会員の資質が向上することにより
    後のまちづくりに繋がっていくのです。
    本年は、会員の資質向上への「きっかけ」を与えるような事業を開催いたします。
       (2)異業種交流の推進による情報交換
          青年会議所活動は異業種交流の場でもあります。会員同士の交流以外にも
    事業を開催する中で関連団体と協働する場面が多々あります。
    様々な人と出会うことで人は成長することができます。
    より多くの市民に活動内容を知っていただき、異業種交流の場を広げるために
    広報誌やホームページ等を用いて情報発信を行っていくことも不可欠と考えます。
    2.社会への奉仕
       (1)青少年育成事業
          例年開催しているわんぱく相撲大会を本年も開催いたします。
    その他にも青少年の健全育成を目的とする事業を開催いたします。
       (2)まちの活性化に寄与する事業
          JAZZ in FUCHUは府中市文化振興財団から引き継ぎ、市民主導で開催し始めてから
    3年目を迎えます。市民ボランティアと共に手探り状態でイベントを作っています。
    本年はJAZZ in FUCHUが従来以上にまちの活性化に寄与するようなイベントに
    なるよう努力していきます。
       (3)その他地域社会への奉仕活動
          毎月開催しているマナーアップキャンペーンを始め、多摩川清掃市民活動など、
    様々な奉仕活動を行って参ります。
    3.世界との友情
       (1)会員の拡大活動
          青年会議所活動をより充実したものにするためには会員拡大活動が欠かせません。
    会員数が多ければ多いほど大きな奉仕活動を行うことができ、会員同士の情報交換や
    資質向上を図る場が多くなります。
    また、会員拡大活動自体も個人の修練として非常に効果があるものと考えます。
    是非とも全メンバーで取り組むことが望ましい活動です。
       (2)会員並びにその家族相互の親睦に関する事業
          会員同士並びにその家族が相互に親睦を深めることは、とても有意義です。
    楽しく自然に打ち解けられるような親睦事業を行いたいと考えます。
       (3)国内外各地青年会議所及びその会員との交流
          特に東京都の24青年会議所との交流を重視し、複数名出向していただきたいと考えています。
    一方で、関東地区、日本地区、または世界に向けて出向したいと希望する会員に
    ついては、それを叶えるべく応援する所存です。
メンバー専用ログイン
年間カレンダー
HOME |  むさし府中青年会議所とは |  各種資料 |  メンバー紹介 |  会員募集 |  お問い合わせ

Copyright © 2014 公益社団法人 むさし府中青年会議所 All Rights Reserved.